Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /export/sd07/www/jp/r/e/gmoserver/3/6/sd0049336/e-clapton.jp/ecNumbers/ecNumbersView.php on line 19

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /export/sd07/www/jp/r/e/gmoserver/3/6/sd0049336/e-clapton.jp/ecNumbers/ecNumbersView.php:19) in /export/sd07/www/jp/r/e/gmoserver/3/6/sd0049336/e-clapton.jp/ecNumbers/ecNumbersView.php on line 36
E.C RANKING

『TEARS IN HEAVEN』への投票内容

『TEARS IN HEAVEN』に投票する |  ランキングに戻る |  トップページへ戻る

▼この曲

得票数 9票



Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /export/sd07/www/jp/r/e/gmoserver/3/6/sd0049336/e-clapton.jp/ecNumbers/ecNumbersView.php on line 85
推薦人 コメント
Riku やはり有名なこの曲を推薦いたします。
この曲は93年グラミー賞も受賞しました。その授賞式で演奏したバージョンが私の一番お気に入りです。
当時の記事にこういうのがあります。

[93/03/03]
『第35回グラミー賞 ロック・ギタリストのクラプトンが6部門独占』
 米音楽界最高の栄誉である第三十五回グラミー賞(二月二十四日夜=日本時間二十五日、発表)で、ロック・ギタリストのエリック・クラプトンが主要六部門を独占した。
 クラプトンは住宅の窓から転落死した愛児にささげた「ティアーズ・イン・ヘブン」で、最優秀シングルと最優秀曲を受賞。同曲とレイラ(ベスト・ロックソング)を収めたライブ「アンプラグド」で、最優秀アルバムも獲得した。
journeyman この曲の弾き語りをしたくてギターを衝動買いしました。クラプトンにどっぷりとはまるきっかけになった曲です。アンプラグドでとつとつと語りかけるように歌うクラプトンはかっこいいです。
000-おやじ これしかないね。.......って、これしか無いのが多すぎて。
歌詞がいいわ、歌詞が。
泣けるし........


ゲッツ石松 クラプトンに初めて出会った曲なんです。だからもの曲が一番です。
襟蔵 悲しくて哀しいときに泣ける曲です。辛い気持ちがヒシヒシと伝わってきて、辛いです。この曲は。。。
poporo クラプトンという名前さえ今日知ったわたし。
そのきっかけとなったのが、友人宅でムービーヒットオムニバスに入ってた この曲でした。息子が亡くなった時に歌を作った人がいるのは
なぜか知っていたので、すぐにこれだとわかりました。すぐに借りて録音したのは言うまでもありませんが、聞き取れなかった歌詞検索とかいろいろ調べてたらこちらにたどりつきました。
邦楽で好きな唄はあれど、この曲が生涯の中でベスト10には入る事でしょう。
歌ももちろんすばらしいのですが、息子への思いが耳を通してひしひしと伝わってきて、泣きそうになりました。
単純な歌詞の中に、いい表わせないほどの思いが伝わってきました。
(よく、泣かずに歌いきれるものだと感心するほど(泣きそうにはなってるけど)

ギター習って、ひきたくりました。
クラプトンの唄は全部聞いて見たいですね。
bluesBOY 始めてクラプトンをコピーした曲で、思い入れはとても深いです。
うらこ この曲は本当にせつなくてせつなくて泣けてしまいます。CDに付いてた解説を見てこの曲の内容を知りました。エリック・クラプトンにこんな過去があったのですね…(>_<)
REPTILE この曲はいいですねぇ~
聞くだけで泣けてきます。
私はレイラでクラプトンを知り、 
いろいろ調べていたらこのTears In Heaven
が印象に残ったので、ギターを練習したのを覚えてます。
でも残念ながらまだクラプトンファンになってから
まだ2年目と未熟なんで実際には聞いたことがないのが
残念です。

E-CLAPTON.JP